車中泊からキャンプへステップアップ

01/31/2021アウトドア

今年はキャンプデビューをと思ってるけど、今まで一度も車中泊も、キャンプもしたことがないというあなた!まず、車中泊で身体を慣れさせるといいですよ。車中泊とキャンプとでは、環境は異なりますが、屋外で寝る事に慣れるといい経験になります。まず寝ることだけの車中泊をクリアしましょう♪

初めての車中泊に何を用意する?

今回は本当に車の中で寝るだけを目指して必要な物を揃えます。まず、思いつくのが車中泊マットです。その名の通り車内に敷いて寝るためのマットです。※車中泊をする場所は、コンビニが近くにある、道の駅が近くにある等、万が一の時に、トイレも利用出来るような場所の近くがいいと思います。このコンビニまたは道の駅が近くにあるという条件で車中泊をするとして説明してゆきます。

車中泊マット

車中泊マットは、厚みがある方が、よく眠れます。AirExpectキャンプエアーマットは厚手約6cm寝心地よい六角形の設計によって、最大耐荷重約300kg、体圧を均等に分散、各凹凸がお体を点で支えることで全体の体重をバランスよく支えてくれます。

ハンド式でエアーを入れられますので、衛生面も心配いりません

車のシートさえ倒せば寝れる方もいるでしょうが、何も敷かずに寝ると朝起きると、背中が痛くなったりしますので、このような車中泊マットを用意しておきましょう。もちろん、外のテント内でも使えます。

シュラフ(寝袋)

車中泊マットだけでも寝る事はできます。また毛布等、用意していれば少々寒くても眠れますが、もっと快適に眠りたいのであれば、シュラフを用意するといいですね。今年は、キャンプを始めるのであれば、最初に買っておくと良いでしょう♪

足や手を出せますので、このまま歩くことも出来ちゃいます。見た目はクスッと笑ってしまいそうですが、なかなか便利なシュラフとなりますね。

ランタン

車の中で寝るだけなら必要がない場合もありますが、深夜に車の外へ出る場合、ランタンがあると便利ですね。

こちらはColemanのランタンで、ランタンを取り外して使うことが可能な優れものです。

夜空を散歩するにも便利なランタンです。4つ取り外して使えますので、大勢でキャンプする時は、大変重宝します。

ランタンはひとつでいいよって方には、これぐりいの物でも充分です。

あると便利なもの

車中泊をしようという事で記事を綴ってます。本当に車で寝るだけなら、ほぼこれだけで充分だと思います。しかし、寝ていると水分は失われてしまいますので、ミネラルウォーター等、飲料を最低でも1人500ml~1㍑は用意しておくといいでしょう。夜中に喉が乾いて、わざわざ車でコンビニまで走るのも嫌ですよね。あと、食事を、どこかで済ませて車で車中泊ですと、夜中にお腹も減るかもしれませんので、菓子パンやおにぎり等、加熱や調理をしなくて済む食べ物を用意しておくといいかもしれませんね。

最初は車で寝るだけでも、楽しいと思います。ご自身で、これは車に用意しようと思うものがあれば持っていきましょう。携帯のゲーム機器もあると、家でプレイするより楽しめるかもれません。

車中泊だから、大声を出しても迷惑にならないという勝手な思い込みも辞めましょう。他にも近くで車中泊をしている方もいるかもしれません。深夜は特に、音が通りやすいので、迷惑をかけずに、車中泊を楽しむようにしましょう♪車だからとゆっても、体調が優れない時は無理をせずに、車の中でも早めに寝ましょう。何かあれば警察に連絡もする事を忘れずに。緊急で警察や消防に連絡をする事もあるかもしれません。自分がいる場所の住所も調べておくのが万全ですよ。