【2020最新】wordpressに最適なレンタルサーバー3社を解説

09/18/2020wordpress,レンタルサーバー

WordPressでサイトや、ブログを運営する時に「レンタルサーバー」と契約が必要ですよね。

処理速度が早かったり、安定していたり、価格が安いもの等、レンタルサーバーによって様々です。こんな時、どこのレンタルサーバーと契約すればいいのか迷いますよね。

レンタルサーバー料金、スペック比較

  • WordPressを利用したいけどレンタルサーバーとの契約が難しそう。
  • サーバーって何だか聞いただけで意味がわかんない・・・。
  • レンタルサーバーって利用料金が高そうでなかなかwordpress始められないんだ・・・。

このような考えをお持ちで、なかなかレンタルサーバーと契約も出来ないし、wordpressを始められないってことはないですか

私は、まさしく上記の通りで、ずっとwordpressを利用するとか、考えてもいませんでしたよ。wordpress気にはなってたんですけどね。

WordPressの利用は無料でも、レンタルサーバー代は、どうしても発生してしまいます

では、1番気になる料金とスペックから比較してみましょう。たくさんのレンタルサーバーと比較しても、どこのレンタルサーバーを利用すれば良いか、迷いますので、特におすすめのエックスサーバーロリポップ!ConoHa WING、の3つのレンタルサーバーで料金とスペックを比較してみますね。

エックスサーバーロリポップサーバーConoHa WING
おすすめプランX10スタンダードスタンダード
価格(月額)1,000円500円2,400円
初期費用3,000円500円0円
ディスク容量200GB120GB300GB
転送量の目安70GB/日150GB/日約102GB/日
マルチドメイン無制限100個無制限
MySQL50個30個80個
独自SSL無料無料無料
自動バックアップ対応未対応対応
特徴国内シェアNo.1歴史が長く大量のアクセスにも強い安く性能がいい歴史が長い初心者向け処理速度が速い初期費用が0円歴史が浅い

※独自SSL:独自でhttp→httpsに変更可能。(通信を暗号化しセキュリティがアップ)

安定感で選ぶならエックスサーバー

「料金やスペックを見てもわからない」と思うのであれば、私もレンタルしている、「エックスサーバー」がおすすめです!とにかくwordpressの表示速度が国内最速の No.1で、本当に速いです。さらに国内シェアもNo.1。初期費用はかかってしまいますが、長く安定したサーバーを利用したいのであれば、初めからエックスサーバーの契約をおすすめします。

エックスサーバーは定番のレンタルサーバーで歴史も長く、大きな事故もなく安心して利用出来ますよ。有名ブロガー、アフィリエイター、企業等の利用も多いのが、エックスサーバーの質の高さを物語っています。

エックスサーバーのプラン

プランに関しましては、「X10」で、何も問題なく利用出来ますよ。私も「X10」のプランで契約していますし、不具合も今のところ、ありません。

X10X20X30
初期費用3,000円3,000円3,000円
費用(月額、12ヶ月契約)15,000円(税込16,500円)27,000円(税込29,700円)51,000円(税込56,100円)

個人で利用し、大量のアクセスが無いのであれば、「X10」を選んでおけば問題ないでしょう。

エックスサーバーのメリット、デメリット

エックスサーバーは、私の一番のおすすめとして紹介していますが、実際のところデメリットはないのかと問われた場合、初期費用が3000円かかりますので、若干ですが高いと感じるはずです。初期費用ですので、長く使う事を考えれば何ら高い料金ではないはずです。

安さで選ぶならロリポップ!

ロリポップは大手GMOの子会社である、GMOペパボが提供。信頼も出来るレンタルサーバーで、スペックは平均的なレンタルサーバーとなりますね。国内シェアは、エックスサーバーに次ぐ国内2位となります。

ロリポップ!のプラン

ロリポップを利用してWordPressのサイトを運営するなら以下の3つのプランがおすすめですが、可能ならスタンダードプランから始めるのが無難です。

ライトスタンダードハイスピード
初期費用1,500円→0円※1,500円→0円※3,000円→0円※
費用(月額)250円〜500円〜500円〜
用途WordPressサイト、1つ運営に最適WordPressを高速で複数運営圧倒的なスピードと性能あり

(※2020年12月31日迄初期費用無料キャンペーン実施中

全体的に安いプランのロリポップ!レンタルサーバーですが、やはりwordpressを始めるのであれば、スタンダードプランから始めましょう!wordpressは元々が表示速度の速さも人気ですので、サーバーの性能で表示速度が落ちたとかなった場合、せっかくのwordpressがもったいないと思いますここはケチらずにスタンダードプランから始めましょう

ロリポップサーバーのメリットとデメリットは?

メリットデメリット
安く性能もそこそこよい老舗で歴史が長く、サポートが充実している。エックスサーバーより初心者向け。サーバーの性能はエックスサーバーより劣る。過去にサイバー攻撃を受けた事もある。

デメリットは過去サイバー攻撃を受けた事。しかし、その後はセキュリティ面は強化されました。安さ重視で選ぶのであればロリポップですね。しかしサーバーの性能は、エックスサーバーよりは劣るのは事実です

処理速度で選ぶならConoHa WING

初心者でも簡単にWordPressサイトを開設可能

2020年6月2日(火)より「WordPressかんたんセットアップ」の提供を開始。WordPressサイトの運用に必要なレンタルサーバー、独自ドメイン、WordPress、WordPressテーマ、SSLをまとめて一括でお申し込み、 自動的に設定される機能です

最新技術搭載により、サーバーの処理速度はエックスサーバーをもしのぐ国内最速とされています。

ConoHa WINGのプラン

先に紹介したレンタルサーバーと比べると性能が良い為に料金は割高となります。

ベーシックスタンダードプレミアム
初期費用無料無料無料
費用(月額)1,100円2,300円4,600円

おすすめのスタンダードプランでも、初期費用は不要ですが、年間の支払い料金を考えると割高となります。サーバーとしてのスペックは全く問題なしです。

wordpressが無料で利用可能であるのに対し、レンタルサーバー代に年額27000円以上払う必要があるでしょうか?ここはwordpressの個人運営で、何処まで快適さを求めるかだと思います。

今回比較しているレンタルサーバーの中では、ConoHa WINGが一番性能は良いです

ConoHa WINGのメリット、デメリットは?

メリットデメリット
国内最速No.1とされ初期費用が0円。性能は全く問題ない歴史が浅い情報が少ない

ConoHa WINGには他のレンタルサーバーから、WordPressでの運営サイトを簡単に移行できるサービスがありますので、サーバー移行を検討されてる方は、ConoHa WINGをおすすめします。

今回、おすすめとして紹介したレンタルサーバーは、どれもサポートに関しては必要十分に対応してくれます

結局どのレンタルサーバーを選べばいいのか?

総合的に見て月々の利用料金とサーバーのスペックが見合うのは、やはりエックスサーバーとなりますwordpressの表示速度にも不満もない速さで、常に安定しています

エックスサーバー

特にこだわりもないが、初めてなので迷ってしまう。またwordpressでの記事をアップする頻度は高い人向け。

ロリポップ!レンタルサーバー

普段からネットの利用頻度が少なく、wordpressで記事をアップする事が少ないと想定される人向け。利用頻度が低いのであれば、安さ重視のロリポップ!

ConoHa WING

とにかく快適さを求めてwordpressを利用したい!料金は、気にしていない。wordpressでの記事や編集は頻繁に行うヘビーユーザー向け。また、個人事業主等、仕事で利用する方向け。ストレスを感じたくない方向け。

利用料金も平均的で通信も安定し、国内シェアNo.1の エックスサーバー を、私はおすすめします。実際に利用していて、wordpressの表示速度も速いですし、月々の料金も高すぎることもなく何ら不満はありませんよ。

最後は、ご自身の利用シーンに見合うレンタルサーバーを、この記事を参考に選んで下さい♪