ルイスレザーズ〆世界で人気のスタイリッシュなライダースジャケット

10/04/2020ファッション,ロック,音楽

英国を代表するレザーウェアブランド

ライダースジャケットの中でも、一番スタイリッシュなデザインのルイスレザーズ。正式名称はルイスレザーズだが、ルイスレザーと呼ばれることもある。

1番人気のライトニングダブル

上記はリアルマッコイズ製のダブルのレプリカ。※最高級の鹿革使用でレディースで20万円するそうです。

英国を代表するレザーウェアブランド「ルイスレザーズ」。1892年に、ロンドンのグレート・ポートランド・ストリートに店を開き、洋服仕立業および、紳士オートスポーツであるフライング&モータリングのための防護服の作製ストックを始めたのが起源と言われています。モーターサイクルレース専門の衣服の製作に着手し始めたのは1926年。当時、出来て間もない航空産業の需要に応えるために、操縦席の極寒に耐える保温性に優れたレザーウェアの提供を開始。第二次世界大戦時は、イギリス空軍「RAF」にフライングスーツやフライトジャケットなども供給していたそうです。

このロゴは本来は左胸に付いていますが、リアルマッコイズ製のレプリカは、右胸に付いていますね。※レディースは、デザインがメンズと反対のようです。このルイスレザーのダブル、私も所有していますよ。おそらく、私が所有しているルイスレザーもレプリカだと思いますが。

ルイスレザーズの人気はいつ頃始まったのか

1930年代に英国でオートバイ産業が著しく発展。革の持つ機能性と転倒時の摩擦に強い耐久性がライダー達に受け入れられはじめる。

1940年代、ルイスレザーズは紳士服のノウハウを活かし、初めてオーダーメイドでレザージャケットの制作を開始。50年代頃、全てのレーシングライダー達がルイスレザーズのジャケットを着用。1950~1960年代に掛けてレース界のワールドチャンピオンが、ルイスレザーズを着用していたことから爆発的な人気となる

ルイスレザーズ人気のタグ

私は、タグが人気があるとは知りませんでしたね。※私が所有してるルイスレザーのタグは右側の羽が青色のものでした。

「AVIAKIT」は、航空の意味らしく「AVIATION」と装備の「KIT」組み合わせて造られた言葉との事。

年代によってジッパーやタグのデザインが異なり、これがルイスレザーズファンには、とても人気だそうです。ファッションでも、音楽でも、アニメでも、マニアックなファンがいるのは、愛されている証拠だと私は思います。魅力がないものは、当たり前ですが、何も感じませんしね。

Sex Pistolsのシド・ヴィシャスも愛用していた

Sex Pistolsのシド・ヴィシャスは、ルイスレザーズの「ドミネーター」モデルの愛用者。シンプルなデザインにスタッズやバッジを大量に付け「シドジャン」と呼ばれていた。

またポール・マッカートニーもルイスレザーズの愛用者で有名なアーティスト。さらにジョン・レノンもルイスレザーズを愛用していた。ルイスレザーズが人気だった証でもある。

スタイリッシュなイギリスファッションの歴史

イギリス人のファッションの特徴といえば、ストリート系で、センスのあるデザイン、スタイリッシュな着こなしだと思います。

このスタイリッシュさは、どのようにして生まれたのでしょうか?

現代ファッションが誕生するまで、庶民は手縫いの洋服が基本で、ファッションを楽しめたのは貴族や王族などの限られた人だけでした。そのような時代背景の中でも現代のファッションに大きな影響を与えたのが、ヴィクトリア朝時代

ヴィクトリア朝時代は、1837~1901年のヴィクトリア女王の在位期間であり、産業革命によっては活気付いていました。
そのため、男性は礼装用のフロックコートに細身のシルエットのシャツやベスト着用女性はフリルや袖口が膨らんだパフスリーヴを着こなす。この時期に、エレガントなファッションが誕生。

1901~1910年のエドワード朝時代は、ヴィクトリア女王の息子であるエドワード7世の在位期間となります。この短い期間に国王がファッションアイコンとして大きな影響を与えました。
ヴィクトリア朝時代からのエレガントなラインを引き継ぎながらも、エドワード7世のフランス好きからフレンチテイストが取り入れられる。スポーツをするめに動きやすさも加えられたファッションでもあった。

さらに近現代になると、テイラード・スーツにネクタイを合わせ、シルクハットに時計を身につけるというファッションが確立されてゆきます。※この頃からスーツ着用のスタイリッシュなデザイン(ファッション)は現代のイギリスファッションのベースとなっている

エドワード7世は、当時のメンズファッションの流行を確立させ、近現代のイギリスファッションに大きな影響を与えました。

また サヴィル・ローでは、王室などのために服を仕立てる仕立て屋が、紳士服店のコミュニティを形成して多くのスーツを仕立てます
そのため、世界中の人が服を仕立ててもらうために集まってきたと言われおり、エドワード朝時代の衣装を蘇らせた「テディ・ボーイ」などの流行を生み出します。※サヴィル・ローとは、イギリスの仕立て屋が集まった道の名。日本の「背広」の語源となる。

このように、イギリスの時代背景が、現代のイギリスファッションに大きく影響しています。

1901年~1910年のエドワード朝時代から近現代にかけてスーツを着用するようになったイギリスのファッション文化1940年からルイスレザーズは、初めてオーダーメイドでレザージャケットの生産を開始しています。もし、このルイスレザーズの生産の開始時期がエドワード朝時代と同じ時期、または、それよりも早かったなら、スーツを着こなす時代よりルイスレザーズが早くに生産をされることになる。その場合、スーツのデザインの影響も受けることがなかったかもしれませんし、スタイリッシュで人気あるルイスレザーズのデザインは生まれなかったと私は思います。ルイスレザーズのオーダーによる生産の開始時期は、まさにスーツスタイルのスタイリッシュなデザインの恩恵を受けているのでは無いでしょうか。時代背景は、色んな物に影響を与えるようですね。ルイスレザー本当にライダースジャケットの中ではデザインが素敵です!

ドクターマーチン1460 8ホール

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式

※メインブログでの記事となります。