バス釣り!ライン選びと初めてのロッドとリールのおすすめ紹介!

バス釣り

なんだかバス釣りって、今思うとタックル(釣具道)を揃えようとすると結構高いですね。なるべく安いタックルが紹介できるなら紹介してゆきます。

初めて選ぶラインは?

初めてバス釣りをするのであれば、根がかり(ルアーが水底や水中の障害物に引っかかる状態)は避けられません

初めてならスピニングロッドでも太めを購入する

太ければ根がかりを取ることが可能かというとそうでもありませんが、細いラインを使い、直ぐに根がかりでラインが切れて、大事なルアーをロストする事を減らす意味で、太めのラインがおすすめです。

しかし、太ければ良いと言うものでもありません。スピニングロッドから始めるのであれば、太くて6lb(ポンド)~8lb までだと思います。

適合ライン 8~20lbまで ※画像はベイトロッド

使用するロッドに、適合ラインは〇ポンド~〇ポンド迄と記載されています。※バット(ロッドのハンドル近く)その適合範囲内のラインの太さでなるべく太いラインを始めは選ぶと良いでしょう。

ベイトロッドの場合は10lb~12lb

ベイトロッドの場合は、重たいルアーをキャストする事が多いので、適合ラインは太いものに対応していますが、スピニングと同じように太いラインを選ぶと太すぎる場合があります。16lb や20lb とか使えるベイトロッドもあります。ここまで太いと、確かにラインは切れにくいですが、初心者では、逆にブラックバスが釣れないかもしれません。ラインが太すぎでブラックバスにバレてしまいます。「えっ、そんなわけないぢゃん!魚が、そんな事考えないって!この人何言ってるの?」とか思う人いるかもしれませんね。しかし、成長したバスは経験も豊富になり賢くなってゆくんですよ。だから太いラインだとバレる事があるんですね。警戒心が強くなっゆくんです。

初心者の場合は、ベイトロッドは太くても12lb までとしましょう。

フロロカーボン(ライン)を使う

バス釣りの場合、ラインはナイロンではなく、フロロカーボンという硬めのラインを使用します。※ナイロンラインに比べると伸びが少なく硬めのなので、アタリが取りやすくなります。

画像はフロロカーボン4lb

シーガー R18 BASS(バス) 240m クレハ(KUREHA)

価格も、そんなに高くなくて良いと思います。沢山巻かれてリーズナブルなフロロカーボンがあれば、それでも良いでしょう。300m巻で1,000円(税込)前後位でも構いません。初めのうちは、ラインの交換頻度も高くなります。※ラインチェックをした場合

上記の様なリーズナブルで200メートルや300メートルのラインを最初は巻いて良いと思います。

ラインを交換する際は、全て交換ではなく100メートル分だけ交換し、残りは下巻きとして使います。毎回、使っていない下の層のラインも含めて何百メートルも巻変えるのは不経済な為です。

おすすめタックル

アブガルシアのロッドとリールのおすすめを紹介させて頂きます。

スピニングタックル

2021年3月スティンガープラス ラインナップ

スピニングロッド、ベイトロッドどちらもコンパクトに収納出来るツーピースロッドを紹介させて頂きます。※性能にこだわるのであれば1ピースロッドがおすすめにはなります。

硬さはミディアムライトのロッドです。初めてでスピニングロッドから始めるのであれば、やや硬めですが、この硬さなら使用出来るルアーの守備範囲も広がります。

ベイトタックル

こちらのベイトロッドは、硬さがミディアムアクションとなります。仮にベイトロッドから揃えるのであれば、これくらいの硬さがあれば良いでしょう。これより柔らかめのミディアムライトアクションでも構いませんが、後にスピニングロッドを揃えるのであれば、ルアーの守備範囲が被ってしまいます。その事を考えるとミディアムアクションが望ましいと思います。

  • 自重(g):207
  • ギヤ比:7.1:1
  • 最大ライン巻取(cm):74
  • 最大ドラグ力(kg):5.5
  • ラインキャパシティ:0.31mm/14lb:130m 0.33mm/16lb:115m 0.370mm/20lb:90m
  • ボール/ローラーベアリング:7/1
  • 主なターゲット:ブラックバス シーバス ロックフィッシュ など全魚種

こちらのベイトリールはリーズナブルですが、ボールベアリングも7個使用されていて使い心地も良く評判のいいモデルです。リトリーブスピード(巻き取り速度)も早く、ルアー回収もテキパキと行えますよ。


合わせ読みたい記事