バス釣りに必要なものは何?

バス釣り

少しづつ暖かくなってきましたね♪アウトドアや釣りに、適した季節になってきますね♪釣りは人間の季節よりワンテンポ遅れると言われてますので(四季より水温はワンテンポ遅れるため)、まだ少し早い気はしますけど。

初めてバス釣り(バスフィッシング)をするには何が必要なのか?ということで、話を進めてゆきますね♪

バス釣りに必要な物をを覚えよう

大きく分類すると以下の4点が必要です。

  1. ロッド(竿)
  2. ルアー(疑似餌)
  3. ライン(釣り糸)
  4. リール(釣り糸を巻きとる道具)

ロッド(竿)

バス釣りに限らず、釣りをするのであれば、まず竿が必要です。バス釣りでは竿のことを「ロッド」と呼びます。




バスフィールド BSFC-662M (アブガルシア)

ロッドも持ち運びに便利なツーピースロッドやワンビースと分かれます。

ルアー(疑似餌)

ロッドがあれば釣れるかと言うと、ロッドだけでは釣れません。バス釣り(バスフィッシング)は、ルアー(疑似餌)で釣りをするので、ルアーも必要です。

EVOKE(イヴォーク) 4.0 (デプス)

ライン(釣り糸)

ロッドとルアーがあれば釣れそうですが、ロッドとルアーを繋ぐ物が無いと、ロッドとルアーは何の役にもたちません。ロッドとルアーを繋ぐためにラインが必要となります。

ベーシックFC 300m (サンライン)

リール

そして、そのラインを巻きとるためのリールが必要となります。ルアーをキャスト(※投げて)して巻きとる動作をバス釣りは繰り返すんですよ。

REVO SX(レボ エスエックス)-HS-R 右巻き (アブガルシア)

偏光グラス

偏光グラスは、水面の反射を抑えて水中を見やすくするものですが、直ぐには必要ないと思います。釣りをする人がかけているサングラスは偏光グラスがほとんどだと知識だけあってもいいかもしれませんね。

シーズナルパターン(バスの年間の動き)

このシーズナルパターンは知っているか知っていないかで、バス釣りの楽しさも変わってきますよ。そこまで、身構えるほどの知識を付けなくても、少し知ってるだけでも釣果にも差が出てきます。

マナー

そして、最後にマナーですね。自然のフィールドで釣りをしますので、やはりゴミ等は、必ず持ち帰るようにしましょう。自分達は、ここにはもう釣りに来ることがないからとか、そんな無責任な考えでゴミを捨ててはいけません。自然の中で遊ぶのであれば、自然の中で発生しないものは残さない。そう考えると良いかなって思います。

バス釣りの服装

服装に関しては、動きやすい服装で基本的に問題ありません。あと季節によっては肌寒い日もありますので、上着を別に用意しておくなど。怪我もしないように夏でもあまり、肌は露出させない方がいいかもしれません。